クリームタイプは最も肌に優しく、メイクや肌の汚れを絡めとって落とします。

黒ずみにいいクレンジング

きちんとクレンジングをしているのに黒ずみが出来た!とか、クレンジングをしても黒ずみが取れない!などというお悩みをお持ちの方はたくさんいらっしゃるのではないのでしょうか?
そういった人は実はクレンジングの方法を間違えてしまっているのかもしれません。

正しいクレンジングの方法

 

ここでは黒ずみを無くす為におすすめのクレンジングをご紹介します。

 

黒ずみの原因は肌の乾燥

肌が乾燥してしまうと、毛穴の角質がはがれてしまいます。
また肌を乾燥から守る為に皮脂が過剰に分泌してしまいます。
毛穴のはがれた角質に皮脂がくっついて酸化し、それが毛穴に詰まって黒ずみが出来てしまうのです。要するに黒ずみを作らないためには肌を乾燥させなければよいのです。

 

クレンジングの種類によってその特徴が違う

クレンジングには

  • オイル
  • ミルク
  • リキッド
  • ジェル
  • クリーム

の5種類があります。

 

オイルタイプ 5種類のクレンジングの中でも最も洗浄力が高いですが、その洗浄力の強さのせいで肌を乾燥させてしまいます。
ミルクタイプ 低刺激で肌に優しいものが多いですが、その分洗浄力が弱くなってしまいます。
リキッドタイプ 油分が少ないもので、メイクの洗浄力は弱いのですが、油を落とす洗浄力は強いので肌を乾燥させてしまいます。
ジェルタイプ 肌の摩擦力が弱いので肌を乾燥させてしまう可能性は少ないのですが、成分によっては肌に刺激を与えてしまうこともあります。
クリームタイプ 5種類のクレンジングの中で最も肌に優しいタイプになります。洗浄力はオイルタイプのものよりも良くありませんが、メイクや肌の汚れをきちんと絡めとって落とすことができます。

 

肌を乾燥させにくいので、黒ずみをきちんと落とす事が出来る上に、黒ずみを作りにくくすることも出来ます。