クレンジングは、ぬるま湯で円を描くように肌になじませるこ

クレンジング方法

量の見直し

クレンジングで大切なのは、肌と指との摩擦を減らすことであり、
そもそもクレンジングは、この摩擦を減らす役割も果たしているのです。
このため、どういった製品を使用するにしても、多めの量を手にとる必要があるのです。

 

こうすることで摩擦を減らし、それが肌への刺激を減らすことにもなってくれるのです。
効果的なクレンジングを行うには、肌への負担を減らすことが大切であり、
これに大きく関わってくるのが、クレンジング自体の量なのです。

 

 

洗顔ではなくマッサージをイメージする

クレンジングを洗顔感覚で行ってしまうことで、効果を得られなくなってしまいます。
ありがちな例としては、まずクレンジング方法自体が間違っているケースがあります。
汚れを落とすという気持ちが強すぎて、洗顔のイメージでゴシゴシをこすっては、肌に負担をかけるだけです。

 

正しくは、円を描くように肌になじませることが大切なのです。
また、洗い流す時の水の温度にも注目してください。
洗い流す効果の強さを期待して、熱いお湯を使用するのはNGです。

 

この場合、洗い流す効果が強すぎて、肌に必要な成分まで洗い流してしまうのです。
逆に冷たい水もNGで、これは単純に洗い流す効果自体が不充分になります。
そう考えると、ぬるま湯を使用するのがベストだと言えます。

 

 

保湿を欠かさない

クレンジングを終えて、そのままにしてしまうのは厳禁です。
クレンジングをした後は毛穴が開いた状態になっているため、これを放置してしまうとしわが増えたりしてしまうのです。

 

このため、クレンジング後は化粧水などで保湿を行ってください。
これはケアと言えますし、クレンジング後の保湿ケアが重要なことは、一般的にも言われていることです。

 

クレンジングの場合、効果には注目しても、その方法について知るのはおろそかになりがちです。化粧品には正しい使い方、適量というのが決められており、それを守らなければ効果は期待できないのです。

 

これらの点を見直せば、より高い効果を期待できるので、ぜひ試してみてください。