鼻黒ずみをメイクで隠すためのポイント

化粧で隠すには

鼻黒ずみを隠すためのメイクアップのポイントの一つは化粧下地の選び方です。
化粧下地には、厚塗りしなくても毛穴をカバーする効果のある下地クリームの中から、毛穴の凸凹を目立たなくするために、寒色系の下地クリームを選びましょう。

 

メイクのポイント

  1. 下地クリームを塗りそのあと、毛穴の黒ずみにコンシーラーを塗ります。
  2. コンシーラーは、塗り過ぎると、化粧崩れの原因になり、午後になると毛穴が目立ってきてしまうので、薄く延ばせるタイプのものを選びましょう。
  3. コンシーラーを伸ばしたら、ファンデーションを塗ります。
  4. コンシーラーもファンデーションも黒ずみを隠すために厚塗りをすると、きれいに仕上がりませんし、化粧崩れもひどくなるので、厚塗りにならないよう注意しましょう。
  5. 最後に毛穴落ちをしないパウダーで仕上げます。

 

 

そして、大事なのは、これ以上鼻黒ずみをひどくしない為、また鼻黒ずみを治すために、クレンジングは完ぺきにしましょう

 

下地クリーム、コンシーラー、ファンデーションが少しでも肌に残っていると、皮脂汚れになり、ますます毛穴の黒ずみがひどくなってしまいます。
特に、コンシーラーは肌に残りやすいので、洗顔前のクレンジングは丁寧にしましょう。
そして、洗顔は洗顔料を泡立て、毛穴の中の汚れも取り除けるよう、丁寧にしてください。

 

ただし、力を入れて肌をこすると、かえって肌を傷めてしまいますので、優しく丁寧に洗い、洗顔料が肌に残らないように、十分すすぎをし、洗顔後は保湿ケアをしましょう。
それでも汚れが沈着し、黒ずみが気になるという方にはフェイシャルエステがおすすめです。