鼻の黒ずみには塩が活躍する?!

鼻の黒ずみを解消するケアのひとつに「塩」によるケアもあります。
でも塩というと刺激が強すぎる?という意見もありますね。
実際に、塩で小鼻の黒ずみを解消できるのでしょうか。

 

 

良質な塩を利用することがコツ

 

塩の中でも良質で自然の塩を利用することがコツです。
自然の塩以外のものだとほかの化合物などが配合されていることがあります。
自然塩にはミネラル分が豊富なので、黒ずみの元となっている角栓の脂質に塩のミネラルが結合し、角栓を浮き上がらせることができるのです。
また塩は毛穴引き締め効果があります。
自然塩でできるだけ粒子の細かい塩を用意しましょう。

 

 

塩パックの方法

 

お化粧をクレンジングで落とし洗顔する

 

できるだけ粒子の細かい塩を鼻に塗る

 

こすらずに3分から5分(敏感肌の方は3分程度)放置する

 

きれいに洗い流す

 

保湿する

 

 

お塩はケチらずにたくさん利用してください。
ペースト状にするときれいに肌につけられます。
きれいに洗い流すということも秘訣です。

 

 

敏感肌の方、乾燥肌の方は1日おきが目安

 

自然の塩といえど「塩」ですから、刺激になってしまってはどうしようもありません。
トラブル肌の方、敏感肌の方などは自分の肌の様子をよく見ながら、ケアしていきましょう。
何かあった場合は皮膚科に相談しましょう。